転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

情報収集こそが全て

まずは、条件に幅を持たせて企業を選んでみることからはじめましょう。給与や勤務地など、条件をゆるくしていくつか検索してみて、そこから絞り込むような形にしてみるとよいです。不明店などがあれば企業に問い合わせてみて、その後絞り込んでみましょう。絞り込む際に1社に絞る必要はありませんが、あまり多くの会社を受験するのも考え物。3社から5社くらいにしておくのがよいでしょう。

正社員にこだわるべきか

現在は雇用形態も多様化してきています。希望の職種で正社員の募集で無いという場合も考えられると思いますが、その際は条件などを照らし合わせ検討してみるとよいでしょう。 ただし、正社員と労働条件などの点で差異がある場合がありますので、事前に確認しておくようにします。 契約社員は期間を定めて雇用する社員であり、3年間まで契約を結べる。実際には1年毎に契約をして仕事を行うこととなる。 それに対して正社員は終身雇用が前提となるが、異動の対象となってしまったり残業を断るのが難しくなったりなどとそれなりのリスクも多い。自分のライフスタイルに合わせて、働き方を変えるのがよいでしょう。

複数の職種を募集している場合

自分のやりたいことをまず中心として考えよう。その幾つかの職種に応募しても構わないが、「何をやりたいのか」の焦点がぼやけていると取られることもあるからです。応募の際にはそれを説明しておけるようになっていなくてはならない。最終的には1つの職種に絞り込むようにしよう。

現在通勤できない場所の求人

今は通勤できなくても確実に入社できるという事を裏付けるものを一緒に提出してみるのがよいだろう。内定をもらってから考えるという態度ではなく、出来れば既に転居先を決めて活動するのが望ましい。その場合、この会社だからこそやりたいことがあって、その結果引っ越して活動している。という事を伝えるようにしよう。