転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

活動方針

退職してから次に転職するまではスケジュールを立てて動いた方がよいでしょう。その際は大きく二つの時期に分けられます。

退職してから転職活動をする

在職しながら転職活動をする場合と違い生活の安定がありません。そのため、真剣に転職活動に取り組むことが出来ます。そして、時間を自由に使えるので勢力的に活動する事ができます。就職セミナーや資格の勉強など、転職に向かって有意義なスケジュールを立てることにしましょう。 しかしそのための十分な準備が無いと、求職活動中は収入が無いわけですから当然生活は苦しくなってしまいます。精神的にも重い負担になってしまうのは避けられません。在職中に就職活動をする時以上に準備と心構え、強い意志が必要です。

仕事をしながら就職活動をする

在職中に転職活動をする際には、生活の不安が無いという事が一番です。そのため、じっくり企業を探すことが出来るので失敗が少ないといわれています。しかし、現在の業務との兼ね合いで時間を作ることが出来なかったり、直ぐに仕事を始めることができないという事情が発生してしまうことになります。 また精神的にも直ぐに仕事を決めなくてもよいという甘えがあるので、真剣に求職活動に打ち込む事ができないという事もあります。できれば、有給期間などを利用して活動をするようにしましょう。

困った事が起こった場合に

面接日時はその会社の営業日、つまり平日の日中に行われるのが普通です。しかし。未だ在職中の場合はその面接を受けることが出来ません。応募先の会社に平日の夜の時間か土日の時間を取ってもらえないか一応聞いてみてもよいでしょう。しかし、向こうもスケジュールを組んで動いているのですから、できればこちらが今の会社を休んで出席するのが望ましいです。1日休みが取りずらい場合は半休を検討してみましょう。どうしてもという場合は病欠で休んで面接に出席するなど、せっかく受けたい会社が決まったのだから、出来るだけの努力はするようにしましょう。