転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

可能性

転職を考える際に、今の自分をどのような方向へ持ってゆくのかを検討してみましょう。同じような仕事で会社だけを変えるのか、同じような仕事で職種を変えるのか、同じ職種で業界を変えるのか、それとも全く違った仕事を違った業界でしたいのか、ということを考えてみます。 当然、全く他の業界でやり直すよりは似た業界の似た仕事に就くほうがリスクは低いですが、自分のなりたい方向とすり合わせ、まだ十分にチャレンジできる年齢であったとすれば未経験の仕事にも挑戦してみても良いかもしれません。

自分のなりたい方向を決める

とにかく今の仕事は辞めたいけど、まだ何をしたら良いのか判らない場合、自分が少しでも興味のあることや将来どうなりたいのかを考えてみましょう。直ぐにそのなりたい姿に関連する仕事をしなくても、近づいていけるような過程を考えて仕事えらびをするようにしましょう。

企業が求めている人材

採用を決定させる、企業が求めている人材とはなんでしょう。それは、その技術などの実務能力が十分にあるということと考えがちですが、実際はやる気や人柄を見て判断される事が多いようです。いくら優秀な人材でも人柄に難がありやる気が感じられない、社風にも合わない、と判断されれば転職のチャンスは遠ざかってゆくこととなるのです。 なぜならば、会社はチームプレイで業務にあたることになるため、実績はあっても会社の人間と円滑に仕事をすすめられるかが問われる事になるからです。面接で前の会社の悪口を言うと採用されないというのはこういうことで、トラブルを起こすような人材を面接で事前に足きりをしているということだ。

転職の失敗を防ぐ

転職の目的を決めないまま転職をすすめてゆくと、「ここで仕事をしたい」という熱意などが薄くなってしまいます。たとえ入社できたとしてもまた数年後に同じ理由で転職を考えるという事にもなりかねません。やりがいを重視した転職活動をしてみましょう。