転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

求人誌

最も用意に求人情報を探すことが出来るのは、市販されている転職情報誌になります、これは職種や業種別に求人が分類されているので、比較して検討しやすいという利点があります。インターネットで求人を探す場合はその情報量ゆえにかえって比較が静楽なってしまう場合がありますが、求人誌ですとその会社の全体像のようなものが見えるようなつくりになっているので色々な見方で求人を見ることができます。また、成長している業種や人気の職種など、その業界の傾向を見ることも出来ますので是非活用するようにしたいですね。 他には、転職に決まった人のケースを紹介していたり、職務経歴書の書き方や面接の対策などの関連したページがある求人誌もあるので、転職するにあたっての欲しい情報が集まっています。できれば何冊かの情報誌を一緒に見てみて、検討してみるのが良いでしょう。

求人誌のデメリット

大企業から中小企業まで様々な企業の求人が掲載されていますが、それが情報誌上ではなかなかわかりずらいような紙面になっています。 そして、扱っている地域が広いため、件数の多さの割には地元の情報がないというデメリットもあります。自分がどういう求人を探しているのかを考え、動き出す事が大切です。

その他特徴

無料で配布している求人誌もあります。こちらは発行している地域の企業の求人が主であるものが多いようです。勤務地を限定している人に向けて沿線別、地域別での求人を検索する事もできます。 そして、求人誌の情報をよく読むことも大切ですが、ほとんどの会社が自社のホームページを持ってますのでそのサイトで会社の情報をつかんでおくと良いでしょう。 また、技術系や外国語を使用する仕事について集めた情報誌もあります。自分に最も合った求人誌を見つけたら、できれば何ヶ月か続けて購読してみると良いでしょう。