転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

新聞、専門誌

新聞は、面接時の一般常識試験の際にも役立ちますので是非購読をオススメします。そして、金融関係の求人は経済新聞に、などその業種に関わる求人を見ることができるという事もあるでしょう。そして、閲覧数が最も大きいため、大手企業の求人が多数寄せられています。ほとんどの新聞には毎日必ず求人欄が設けられているため幅広い求人情報が掲載されていますので毎日新鮮な情報を見ることが出来ます。新聞は大手企業の求人が多区出ているようです。 また、その業界の専門誌などでも求人広告を出しているところがあります。専門誌で出す求人広告はその雑誌の購買層に合わせた求人を出していますので、狙っている業界の求人広告を見ることができるのです。 情報収集のためとして普段から利用しているこういった新聞や業界専門誌ですが、ただ内容を読むだけではなく、こうした求人情報も見逃さないようにしましょう。

新聞、専門誌のデメリット

求人広告のスペースが僅かなものが多いため、情報はどうしても限られたものになってしまいます。不明な点などがあったら必ず事前に調べるようにしましょう。また、新聞掲載日が決まっている新聞もあるのでその場合はインターネットなどに比べると情報の新鮮さというのは足りないのかもしれません。そして、誰でも閲覧できるという事は倍率は応じて高くなります。

官報、フリーペーパー

うっかり見落としてしまいがちな情報ですが、官報にも求人が載っていることがあります。臨時職員などの募集が多いようですが、公共機関の仕事なので待遇面などが魅力の求人が多いです。その地元に特化した求人になるのも嬉しいところ。 また、町で配っているフリーペーパーなどでも募集の求人が出ていたりします。そのフリーペーパーに広告を出しているお店などが一緒に求人情報を掲載する事があるからです。いつも行く店や憧れの店が求人を出している可能性もあるかもしれません。こういう情報も見逃さないようにしましょう。