転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

転職フェアなど

沢山の企業がブースを作って出展するフェアになり、その多くは入場無料で利用できます。多くの企業と面談できるという点では他の媒体より飛びぬけています。そしてそれらの企業は同業界で複数者出展している場合が多いので、比較検討しやすいのが特徴です。採用にも積極的な企業が多いのですが、やはりその分倍率は高くなる傾向にあります。そして、人気のある企業では自分自身ことまでは話すことができないという難点もあります。 しかし、企業が自社の求人についての説明を行いますので、その会社の雰囲気や仕事の内容などを確認する事もできます。企業の担当者から直接話が聞けるよい機会です。 立ち寄るだけで、その場で応募する必要は無いので是非この機会に色々な企業の話を聞いてみるとよいでしょう。フェアによってはアドバイザーが居て相談コーナーなどを設けているところもあります。

人脈

もしも応募を考えている業界やその会社に知人がいたら直接会って話を聞いてみるのも良いでしょう。会社の内部に居る人間しかわからないような、生の声を聞けるかもしれません。もしも、紹介をしてもらえそうであれば、頼んでみても良いでしょう。

直接売り込む

求人をしていない企業でも、直接自分を売り込んでみるというやり方もあります。その場合、現在は求人していないため面接をしてもらえない可能性もありますが、欠員が出た際に連絡してもらえる事もあるかあるかもしれません。希望する企業に直接コンタクトを取って積極的に動いてみることです。 その場合は直接職務経歴書や作品などを送付して、添え状でその旨を説明すると良いでしょう。もしかしたら、非公開の求人などを行っているかもしれません。 もしも面接を行ってくれる場合には、面接時にお礼を言うようにしましょう。