転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

人材紹介会社

人材紹介会社は民間の職業紹介会社のことで、登録者の適正を判断して企業を紹介してくれます。登録をする際に希望の職種や業界、自分のキャリア、条件などを伝えると、その適正をコンサルタントが判断してくれます。紹介された後は通常の面接試験などが行われ採否が決定します。 登録や紹介料などは無料となっているので、何社か登録してみても良いでしょう。

紹介までの流れ

まず、インターネットなどで履歴書などを提示してその会社に登録します。その後コンサルタントと面談をして応募者のスキルや人柄、本人の希望などを見極めたうえでアドバイスをしてくれます。そしてその際にその希望とすり合わせて適切な企業を紹介してくれるという流れになります。 何社か提示がありますのでその企業を応募者で検討してみます。その後応募する企業が決定したら人材紹介会社からその企業へ推薦を行ってくれます。その後面接試験の後。決まれば内定、入社となります。その後の退職手続きや入社後のカウンセリングなど、アフターフォローを行ってくれる会社もあります。

人材紹介会社のデメリット

紹介会社は企業側の条件を優先するので、自分のスキルが企業の要望に達していない場合は紹介を行ってもらえない場合があります。具体的に要望があるものが多く、誰でもよいから紹介して欲しいというものとは異なるからです。しかし、逆に自分自身に高いスキルを持ち合わせていれば高い待遇で採用してもらえる可能性もあるという事になります。

その他特徴

また、登録している人材の中から適した人材を見つけてスカウトを行っている会社もあります。その場合は短期間で転職を成功させられる可能性も。人材紹介会社によっても様々な業種に特化した特徴があるので、それを確認したうえで登録するようにしましょう。

人脈

もしも応募を考えている業界やその会社に知人がいたら直接会って話を聞いてみるのも良いでしょう。会社の内部に居る人間しかわからないような、生の声を聞けるかもしれません。もしも、紹介をしてもらえそうであれば、頼んでみても良いでしょう。