転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

項目毎のチェックポイント

求人情報にはそれぞれの項目がありますが、これにも読み方があります。それぞれの項目について見ておきたいポイントを踏まえて確認してみましょう。

職種

同じ職種名でも業務内容が異なる場合があります。例えば「営業」という応募の場合でも新規開拓もある営業なのかルート営業なのかでも大きく違います。また「マーケットリサーチ」という名前で募集があっても内容は営業職だという場合もありますので、事前に不明な点は確認しておくようにしましょう。

資格

年齢などが応募資格に含まれている求人があります。他には、経験年数や必須の取得資格など条件を定めている場合があります。経験年数や資格などは致し方ないですが、年齢は場合によっては考慮してもらえる場合があります。問い合わせてみましょう。

勤務時間、勤務地など

勤務時間は一般的な就業規則による就業時間が記載されます。フレックスタイムと記載されている場合でも必ず会社に居なくてはならない時間帯(コアタイム)がある場合があります。残業の有無なども記載されません。

給与

固定給の場合がほとんどですが、固定給と歩合制を組み合わせたものや完全に歩合制の形態などがあります。税金などを引く前の総額が記載されるようになります。そのうち基本給がいったいいくらなのなどは会社に確認してみましょう。

休日

もしも1ヶ月の間に1週でも二日間の休みがあれば週休二日制と記載する事が出来ます。完全週休二日制と誤解するケースがありますので気をつけましょう。また、祝日のある週に代わりに土曜日の出勤を求められる事もあります。

待遇

賞与や昇給などについて特記事項があればこの項目で記載があります。勝者腐れる事も多い項目ですので、不明点は確認しておきましょう。