転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

問い合わせの仕方

不明な点があった場合、企業に問い合わせをしてみます。その問い合わせをする際にも失礼の無いようにしましょう。その問い合わせた時の態度によってはその時点で不採用が決まってしまう場合もあるかもしれません。 あくまで相手の時間を貰っている事を忘れずに、謙虚な問い合わせを心がけましょう。

電話で問い合わせる場合

  • まず自分の名前を名乗り、その求人を知った媒体を伝えます。
  • 担当者が不在の場合は折り返しにしてもらわず必ずこちらからかけなおすようにしましょう。
  • 相手の都合を聞いてから、本題に入るようにしましょう。
  • 電話は雑音の無いところで話し、携帯電話や会社からの通話は避けます。
  • 質問の確認などは簡潔にしましょう。
  • 電話が終わったら必ずお礼を言います。
  • 間を適度に作り受話器を置くようにしましょう。
  • 就業時間直ぐやお昼休みなどの向こうに不都合な時間の電話は避けるようにしよう。
  • 相手の都合を聞いてから時間を貰うようにし、あくまで業務の妨げにならないように注意してください。

メールでの問い合わせる場合

  • まず、題名は一目で内容がわかるものをつけてください。
  • 件名がないメールは読んでもらえない可能性があります。忘れないように。
  • 読みやすく簡潔な文章にします。改行も30字くらいで行いましょう。
  • 文末には自分の連絡先を必ず入れます。
  • あて先は担当者まで記入します。
  • 唐突な印象にならないように、簡単なあいさつ文を冒頭に入れると良いでしょう。
  • 携帯電話や、会社のアドレスからのメールは避けるようにしましょう。また、フリーアドレスからのメールもできるだけ避けてください。