転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

良く聞かれる質問

Q.残業には対応できますか?

残業は誰でも出来るならやりたくないものです。しかし、残業が全く無いという仕事はなかなか無いでしょうし、責任のある仕事には多少なりとも付きまとうものです。嫌々やるというように聞こえないように回答するのが良いでしょう。 こでは仕事への熱意を見ている質問です。もしも本当に残業できない事情があるのなら、ここで先に話しておくのも良いでしょう。

.お仕事で苦労されたことはどういうことですか?

失敗したことがいけないというわけではないので、臆せずに話しても良いでしょう。問題はそれをどう解決していったのかを話すことです。苦労や失敗をどう乗り越えて自分のプラスにしたのかをあくまで前向きに話すようにしてください。

Q.なぜ転職しようと思われたのですか?

前社の悪口は絶対に言わないようにしましょう。面接官はこの会社に入っても会社の悪口を言われるのではないかと思うからです。文句の多い人材はそれなりにしか評価はされません。前に会社の悪口を言うのではなく、あくまで自分自身のための前向きな転職であるという事を伝えるようにしてください。

Q.今、他に受けている会社は何社くらいですか?

あなたが今どのような状況にあるのかを確認することと、本当にこの会社に入る意思があるのかという確認をこめた質問です。もしも、今他に選考を受けている会社があったら正直に数を答えても構いません。但し、今受けている会社が第一希望であるという事を伝えるのを忘れずに。

Q.最後に何か質問はありますか?

このように言われたら必ず質問をするようにしましょう。もしも質問がなければその会社に本当に興味があるのかを疑われてしまいます。その会社に入るつもりで面接を受けにきているわけですから、聞きたいことは山ほどあるはずです。面接を受ける前に幾つか質問を用意しておき、それが面接中の質問でクリアにならなかった場合はどんどん質問しましょう。