転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

自己PRのポイント

自分がその会社にとってどのくらい役に立つ存在であるかという事をアピールするのはその面接でもそう変わらないでしょう。会社が求める人物像を的確につかみ、効果的なPRを心がけます。 そして、職種別にアピールの方法はまた違ってきます。どのようなところを強調して推せばよいのかを検討してみましょう。もしも自分に十分なスキルや実績が不足していると感じた場合は、仕事への意欲ややる気で将来性を見せていくという方法でも良いでしょう。

営業職の場合

営業職は取り扱っている商品や客層などで様々なパターンに分けられるので、具体的に数値を出し、その数値がどのくらいのものかをあわせて説明するような形を取るとよいだろう。また、コミュニケーションの能力やトラブルが起こった際に対応できるかなども見られている。基本的なビジネスマナーは出来て当たり前。言うまでもありませんが最低限のことは出来るようにしておきましょう。

技術職の場合

専門の分野と技術のレベル、そのために取得した資格などを説明すると良いでしょう。プロジェクトの内容や自分がそのプロジェクトの中で関わった仕事、役割なども伝えておきます。使用機種や言語の事も大きな参考になりますので一緒に話しておくと良いでしょう。また、一般的にはあまり重要視されていないような印象ですが、コミュニケーション能力の有無も採否に関わる重大なポイントです。

クリエイティブ職などの場合

デザインや編集、ライティングなどのクリエイティブ職の場合は、仕事を通じて作品が残るのでそれを見てもらうのが最も手っ取り早い。必ず応募の際に同封するか面接時に持参するようにしよう。その作品の目的や意味、製作期間などがわかると具体的に仕事のイメージが沸くので尚よいだろう。