転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

筆記試験の対策

ほとんどの企業は、面接を採用時に最も重視しています。
筆記試験は、この面接を補完するために使われていることがほとんど。
会社側はどんな試験で、受験者のどんな面を見たいのでしょうか。
そしてその対策には、どんなものがあるのかをまとめておきましょう。

知識試験

専門試験

専門試験とは業界特有の試験です。
語学(英語)金利計算、電気や物理、プログラミングなど業界ごとの特殊な知識、能力をはかります。
対策としては、同職種への転職なら、今までのキャリアを整理しておいて、その職場にはどんな能力が必要なのかを書き出してみましょう。
その上で重要な能力を、他人に説明できるように再度整理し直します。
わかっていると思っていても試験になると案外書けないものです。

一般教養・常識試験

一般教養や常識試験の知識は一夜漬けでどうにかなるものではありません。
ただし、あきらめて何も対策しないのもいけません。
時事問題に関しては、当然新しいものが出題されるので、新聞や、市販の時事問題集、年鑑などを読んでおきましょう。
漢字試験についても、市販の就職用の問題集で一通りこなしておきましょう。

  • ・ 時事問題は政治、経済、国際情勢、地理(地名など)。
  • ・ 教養試験は常用漢字、金言、文学。
  • ・ 論作文は構成力、緻密さ、論理性、丁寧さ、表現力など。

能力適性検査

基礎能力

知能テストに似た問題が多くなっています。
対策としては、市販の公務員試験問題集、中でも教養試験の文章理解、判断推理、数的推理、空間把握というような問題を解いておきましょう。

  • ・ 知識を得たり応用したりするための知的適応能力
  • ・ 新しい環境、新しい課題に対面した際に、合理的に考え、目的に向かって効果的・能率的に課題を処理していく能力
  • ・ 語いや文章の理解力、数量データの処理力、論理的な思考・推理力、知覚の速さ・正確さ

性格適性検査

適性検査に対策というものは特にありません。
冷静に素直に書いていきましょう。
無理に自分をよく見せても面接時に必ずぼろがでます。
仮に採用されたとしても、その職業が、あなたの適性に合っていなかったら、また転職となってしまうかもしれません。