転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

面接の流れを知ろう

多くの企業が採用試験の際に面接を行っていますが、面接の流れや必ず聞かれる質問はだいたい同じようなものとなっています。
ここで面接の一般的な流れを紹介していきたいと思います。
面接となるとどうしても緊張してしまう人が多いでが、お互いの理解を深めるコミュニケーションの場という気持ちでリラックスして臨んでいきましょう。

入室する

先に入室して面接官を待っている場合には、面接官が入室したら立ち上がって挨拶しましょう。
椅子には促されてから座るようにします。
面接官が先に入室している場合、ドアを2、3回ノックした後返事があってから入室するようにしましょう。後ろ手でドアを閉めないように気をつけて、振り返るようにして静かにドアを閉めます。
どちらの場合であっても相手の目を見て明るく挨拶をするように心掛けましょう。

自己紹介する

面接官がすでに職務経歴書に目を通していることが多いと思います。
自己PRをどうぞと言われたら、はっきりと簡潔に話しましょう。
これまでどんな業務に携わってきていて、どのような経験をしてきたのか、どんな実績があるのかを具体的に話していきます。

退職理由について

ネガティブな退職理由は避けたいものです。
今回の転職で将来的に何を実現していきたいのか、志望動機に結びつけるようにして、キャリアアップをしていくというような前向きな転職を目指していることが伝わるようにしましょう。

志望動機について

事前に企業研究を十分に行っておきましょう。
その上で、その企業のどんなところに魅力を感じたのか、自分の経験を踏まえた上で、この企業では何を活かせると思うのか述べていきましょう。
また自分が将来的に、この会社にどのようにかかわりどんな役割を果たせるのか話しましょう。

質問

何も質問が無かったり、しどろもどろになって答えては印象が良くありません。
はっきりと簡潔に答えていきましょう。

退出

面接が終了したら、椅子の脇に立ってお礼を述べて、ドアを開ける前に一度振り返って一礼をしてから退出します。
入室時と同様、ドアは静かに閉めるのを忘れずに。