転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

保険の手続き

会社を退職すると同時に健康保険の被保険者資格を失うこととなります。転職先が決まっていればその会社の健康保険に加入することになりますが、そうで無い場合は自分で国民健康保険に加入するか、任意継続被保険者制度の利用、それか家族の扶養に入るという選択ができます。 健康保険に加入していないと病気や怪我をした時に医療費が全額自己負担となってしまいます。退職後は直ぐに健康保険に加入するようにしましょう。 また、40歳以上は介護保険の支払いも義務付けられています。

任意継続被保険者

在職前と同じ健康保険が利用でき、退職前の2ヶ月以上継続して加入していれば条件を満たすこととなります。保険料は全て自己負担となりますので保険料は2倍程度の金額になります。退職日の翌日から20日以内に印鑑、住民票、1〜2か月分の保険料で手続きします。利用期間は退職後2年間になりますので注意しましょう。 医療費の負担は本人が2割負担、家族が3割負担となります。

国民健康保険

自営業者が対象の保険ですが、健康保険に加入していない全ての人を対象とした保険になります。保険料は前年の収入に基づいて計算されますが、住んでいる自治体により保険料は異なります。退職日の翌日から2週間以内に自治体の担当窓口に申し出ます。利用期間に制限はなく、医療費の負担は本人が3割、家族が3割の負担となります。

家族の健康保険の被保険者

 配偶者または親が健康保険に加入している場合、その被扶養者になることで健康保険に加入する事ができます。扶養で保険に入ることが認められると、被扶養者本人は保険料を払わなくて良いので負担が少なくすることができます。しかし、加入するためには年収130万円未満で且つ被保険者の年収の2分の1未満でなくてはいけないという条件のほか様々に制限があります。