転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

年金の手続き

在職中は厚生年金に加入していることとなりますが、退職すると厚生年金への加入資格を失うこととなります。再就職先が決まっている場合はそのまま転職先に年金手帳を提出して継続加入することとなりますが、失業中だったり次の就職先が決まっていない場合は国民年金に加入を切り替えることになります。 年金に未払いの期間があると、将来受給を受けるときに受給額を減らされたり受給資格を喪失してしまう可能性もありますので注意しましょう。国民年金は日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の国民は支払いが義務付けられています。未払いはやめましょう。

手続き方法

手続きは退職日の翌日から14日以内に自分の住民票のある市区町村の役場で手続きをすることとなります。年金手帳と印鑑、離職票など退職日を証明できるものを提出して、後日郵送されてくる納付通知書にしたがって納税することになります。 この変更手続きに遅れがあった場合でも2年以内であればその保険料をさかのぼって支払う事が出来ます。未納期間があったと思ったら窓口に相談してみましょう。

再就職した場合

再就職が決まった時は年金手帳を会社に提出して再び厚生年金へ加入する事ができます。その際には国民年金の加入の手続きをした窓口で再び手続きを行います。もしもこの時に国民年金と厚生年金をだぶって払ってしまった場合は後日返却を受けることが出来ます。

保険料の支払いが苦しい場合

保険料の支払いが困難であると認められた場合は免除制度を利用する事ができます。その免除期間も年金の加入期間として認められるので、積極的に利用してみましょう。その期間の受給額は通常の3分の1となりますが、あとから追納することも出来ます。その場合は10年以内に手続きを行えば通常の支給額に戻ります。 ちなみに半額免除の制度もあります。こちらの制度だと受給額は通常の3分の2です。