転職の際の求人情報を効率的に探してみよう。

転職のための求人情報を探す時にそれぞれの媒体の良し悪しを考えてみましょう。

転職の際の雇用形態の種類

【正社員】という雇用形態

まずは正社員の雇用形態を見てみましょう。 正社員には、賞与・退職金がきちんと整備されていて、原則的には定年まで勤務可能となっています。 また社内での高いポストに就く可能性が最も高くなっていて、転職者には魅力的な雇用形態だといえるでしょう。 しかし、逆に正社員である事で自分の生活が縛られてくる場面もでてくるので注意したいところ。 自分の未来像や生活環境などを熟考してから、自分にとって働きやすい形態を選択していくのがベストです。

【契約社員】という雇用形態

次に契約社員について説明します。 契約社員とは、期間契約(だいたい半年、または1年)を決めて勤務していく雇用形態です。 契約の期間・給与・勤務形態などは、個人と企業との間で直接取り決めることになります。 企業によって契約社員の位置づけに違いがあるので、事前に詳細をよく聞いてみましょう。 社員登録の前段階として、契約社員という形式をとっている場合もあるので自分に合った形態をよく選ぶ必要があります。

【派遣社員】という雇用形態

最近注目されて、急増している雇用形態です。 派遣社員は就職希望者は直接企業雇用契約を結ばずに、自分が登録した派遣元企業と雇用契約を結びます。 その仕事に関してだけは派遣先企業の業務・指揮命令に従って働くことになります。 給与などの待遇面については、派遣先企業との契約により違ってくるが、勤務形態、例えば出社日や勤務時間なども派遣先によって変わってくるので確認しておきましょう。

【業務委託】という雇用形態

業務委託という雇用形態はどんなものなのでしょうか。 代理店企業との直接の雇用契約をとらないのが業務委託と呼ばれています。 独立事業者として業務を請け負うという形態をとっており、雇用者を保護する法律である労働基準法や最低賃金法の適用外となるので注意しましょう。 保険会社の外交員やフランチャイズのオーナーなどがその例です。